ビキニラインの黒ずみケアは?ビキニライン・股が黒い原因と解消法

ビキニライン(股)の黒ずみに関してはなかなか人には言えないし、そんなに露出する部分ではないので見えないですからいう必要はないですね。
ただ、海やプールに行くとなったときには水着を着ますし、温泉などの泊まりであったり、彼氏など好きな人とのお泊りなど大事な時にはとても気になるところです。
日頃露出しない分だけ見られるというときにとても恥ずかしかったりするんですよね。

 

そういった機会がないからといって放っておいたら改善もされませんし、下手したらさらに黒ずんでしまうのでいざというとき水着が着れないとか友達と旅行に行けない、彼氏の家にお泊りに行けない、最悪の場合彼氏を作るのもちょっととなりかねません。

 

黒ずみは1日や2日で改善されるものではないので、いざというときのためにしっかりケアして改善するようにもっていくことが大事です。

 

黒ずみの原因はパンツや毛の処理などによる刺激でメラニンの分泌が過剰になっている可能性があるのでまずは刺激を抑えることです。
そしてメラミンの生成を抑える成分が配合されているクリームなどを使うと良いのではないでしょうか。
あとは美白成分や保湿成分炎症を抑える成分などがしっかり配合されていて、刺激の強い成分が配合されていないものですね。

 

特にビキニラインはデリケートゾーンな部分なので気を付けないといけません。
おすすめする商品としてはハーバルラビットナチュラルゲルクリームは良いと思います。
モデルさんなども結構使用しているようで実際人気になっているクリームですね。

 

ポイントのメラニンの生成を抑える成分に美白、保湿成分などもしっかり配合されています。
さらにデリケートな部分に使えるということで他の部位にも使えるのも良いです。

 

他では薬用アットベリーも良いと思います。
ビキニラインにも使えるくらい低刺激でできているので使えると思います。
当然他の部位にも使えます。

 

まずはこのあたりをチェックしてみてはどうでしょうか。

ビキニラインの黒ずみが起こる原因とは

ビキニラインは黒ずみが出来やすいパーツと言われています。
黒ずみは1度出来てしまうと薄くする為に、時間も手間もかかるのでなるべく予防したいものです。
ビキニラインの黒ずみ原因として、まず挙げられるのが下着による擦れです。
きつい下着や擦れやすいナイロン製などの下着の着用を続けると、黒ずみやすくなります。
人の皮膚は刺激を受けると、メラニン色素という色素を作り出します。
通常、メラニン色素は肌のターンオーバーという作用によって、古い垢と一緒に排出されるのですが、ずっと皮膚に刺激が加わっていると排出が間に合わず、メラニン色素が肌細胞に沈着し黒ずみを起こしやすいのです。
下着の擦れといった軽い刺激でも、メラニン色素は作られます。
ですので、きつい下着などで常に皮膚が擦れていると、黒ずみが起こりやすくなります。
この他に、皮膚のかぶれや炎症も黒ずみ原因として挙げられます。
デリケートゾーンは蒸れやすく、しかも雑菌が繁殖しやすい部分です。
かぶれや炎症から、やはりメラニン色素が生成され黒ずみとなるケースも少なくありません。
そして、ビキニラインの自己処理も黒ずみを引き起こします。
ビキニラインは他の皮膚よりも、刺激を受けやすくカミソリなどの自己処理で、黒ずみとなりやすいと言われています。

ビキニラインの黒ずみをとる方法として覚えておきたいのは

ビキニラインというのは、体の中でも黒ずみが出来やすい部位のひとつです。
その原因となるのが、下着や衣類の擦れが起きやすい為です。
特に、体のラインにフィットするジーンズ等を履いていると、体を動かす度に、ビキニラインが擦れてしまう事になります。
そして、座っている時には、ビキニラインに圧力がかかる事になります。
こうした擦れや圧力は、肌の中にメラニン色素を発生させる原因となる為、日常的にビキニラインに負担がかかっていると感じる事があれば、下着や衣類を見直してみる事が大切です。
それにより、メラニン色素が発生しにくい状態を作る事が出来ます。
既に出来てしまっているビキニラインの黒ずみをとる方法としては、黒ずみ対策に有効なクリームを塗ってケアをしていくという方法の他、メラニン色素を薄くする効果のあるビタミンC誘導体が配合された化粧水等を使い、ケアをしていく事もおすすめです。
ケアをする時、ただ化粧水をつけるのではなく、保湿を考えておく事も大切で、乳液等で化粧水の蒸発を防ぐようにしておく事で、新陳代謝で黒ずみが解消しやすい肌を作っていく事が出来ます。
すぐに効果が出ない事も少なくありませんが、続けていく事で、黒ずみの悩みを解消していく事に繋がります。

 

ちょっと他のサイトも見てみたいという方はこちらのデリケートゾーンの黒ずみケアも参考にしてみてください。